LoL博物館 -LoL攻略サイト-

Janna(Support) vs Swain(Mid)- マッチアップ考察

Latest Update 2014/12/23

敵の最大Healthに対するダメージの推移(時間)

Champion1:ビルド選択

ビルド1:


標準的なビルド。

ビルド2:


Mikael's CrucibleやLocket of the Iron Solariを積む人もいる。

ビルド3:


JannaはDeathしないように立ち回るのでMejai's Soulstealerとの相性がよい。

Champion2:ビルド選択

ビルド1:


普通のビルド。敵が物理ダメージよりの場合。

ビルド2:


Rylaiのスローによるkiting性能が上がる。

ビルド3:


LiandryはRylaiよりやや攻撃的なアイテム。

ビルド4:


敵に魔法ダメージが多い場合はSVをとる手がある。

ビルド5:


1v1は強いのでDFGで積極的にkillを狙う手もある。

装備時間/min (8, 14, 20, 27, 33)

vs

装備時間/min (12, 16, 23, 28, 34)
(%) W-AA(E)-Q-AA(E)-AA(E) (%) DPS (%) W-dfg-Ult(4s)-E-Q(3hit)-AA (%) DPS
100 40 100 40
50 20 50 20
0 0 0 0
10 20 30 40 10 20 30 40 10 20 30 40 10 20 30 40
(min) (min) (min) (min)

赤:物理ダメージ, 青:魔法ダメージ, 黄:Trueダメージ。
グラフはLv,itemによるステータス上昇などを計算し1分おきにプロットしたものである。Burst Damageと主にAAによるDPS(1秒間に与えるダメージの平均)を敵の最大Healthの割合として表で示した。
Item購入に使用可能なGoldは5分までは初期goldとし、それ以降はGoldの入手と同時にItemを購入するものとしてダメージを計算した。
ItemはSeason4終了時のときのものなので現在とは異なっている部分もある。
表記法 AA(Q)のような表記はQで強化されたAAの意味。
略称 Ig:, dfg:, SB:Spellblade, LT:LT(8)の表記は移動が阻害されていない状態での8s分のダメージ量を指す。
ダメージ計算は原則としてHealthやManaが50%のときのダメージを計算した。ただしはHealthが50%のときでない。
DPSの計算では、互いにAAで攻撃した場合のDPSと一部のToggle系のアビリティーやDotとを考慮した。
Burst Damageでは、AAのCritical Strikeは発生しないものとした。
Burst Damageで考慮されている特殊なActiveやPassive:, 考慮されていない特殊なActiveやPassive:
多くののパラメータを考慮しているが、一時的なbuffや一部の特殊なMasteryなどの効果は無視しているものがある。使えるレベルの水準になっていると思うが、一部のPassiveの計算が適用されていないchampionもいるので注意が必要。些細な問題点としては、flat damage reductionの適用回数がわからないAbilityがある点、一部のon-hitが乗るはずのアビリティーでon-hitが適用されていないものがある(WarwickのUltなど)点である。
GoldやExpのモデルは統計的なデータを持たないので、適当にモデルを作成した。詳細は経験値とGoldとレベルの関係を参照。

備考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加