LoL博物館 -LoL攻略サイト-

Pre-Season5 の重要変更点とその対策

Latest Update 2014/11/30

重要変更点とその対策

・Ban

Pickしない場合はWarwickだけはbanしておいたほうがいい。勝率が高すぎるのでBanしないとBlameされる可能性がある。SkirmisherでのSmite+Ultのdamageが高すぎるので注意が必要。

・Jungle

Small campのrespawnが50sから100sに変更。
全般的にジャングルを回るのが苦しくなるように調整されていて、executeされないよう注意が必要。たまにexecuteされるのを見るようになった。

・Jungle Itemの変更

これまでのJungle Itemが削除され、新たなItemが追加された。JungleのItemによりSmiteの性質が変更されるようになった。
Enchamtすることで、以前のそれぞれのJungle Itemに対応するItemにすることが可能であるが、性能は少し変更されている。

Poacher's Knife

敵ジャングル内でSmiteでlarge monsterをキルするとSmiteのCDが半分解消され+20goldをえて、2秒間でdecayする175%の移動速度増加を得る。現状は不人気。

Renger's Trailblazer

SmiteのCDが15秒間減少し、smiteされた近くのmonsterやminionnをスタンさせ半分のダメージを与える。さらに15%の失っているHPとManaを回復する。おそらく一番人気。

Skirmisher's Sabre

敵Championに対してSmiteを使用できるようになり、6秒間Markを与え、そのChampionの視界を得る。Markされた敵はSmite使用者からon-hitで(15 + 3 x Lv)のtrue dmageを受けるようになり、さらにSmite使用者に対して与えるダメージが20%減少する。このSmiteを使用した敵がexecuteされた場合killを得ることができない。

Stalker's Blade

敵Championに対してSmiteを使用できるようになり、2秒間50%移動速度を低下させ、(20 + 8 x Lv)のTrue Damageを与える。

・Jungle monsterの追加・変更

Rift Scuttler(Respawn 3min)の追加
riverを移動するRift Scuttlerがtop側とbot側に1体ずつ追加された。
Rift Scuttlerは攻撃することができず、倒すとBot側ではDragon, Top側ではBaronの前に75秒間味方の移動速度が上昇するエリアをつくる。さらに、それよりも大きい範囲内の視界を得ることができ、移動速度上昇のエリアを避けてリバーを通っても視界に入る点には注意が必要。
Golems→Krugs / Wraiths→Raptor / Wolves→Wolves / Wight→Gromp

・Jungle route

赤スタートの場合は,Krugs(smite使用) > red buff, 青スタートの場合はGromp(smite使用) > blue buffの順序でJungleをまわることが多いようであるが、executeされないよう(特に赤buffの方)注意が必要でルートを調整する必要のあるchampionもいると思う。
また、SmitelessでGrompやKrugsをまわる場合もあるようなのでsmitelessの場合はいう必要がある。

・Smite Rewards (monsterにSmiteすることでbuffやbonusを得る効果が新たに追加された)

Krugs(旧golems) / 90秒間持続する以下のbuffを得る。minionとmonsterに対して1度目と5度目の攻撃でスタンするようになり、さらにturretに対して攻撃すると1度だけ50(+15 x lv)のtrue damageを与える。

Raptors(旧Wraith) / 90秒間持続する以下のbuffを得る。敵のWardの視界に入ると10秒間magical sight(stealth看破)を得て、その後このbuffは消滅する。

Wolves / 90秒間持続し、Jungleの一部の視界を得るRift Spiritを召喚する。

Gromp(旧Wight) / 攻撃した敵に3秒間で6(+6 x lv)のダメージを与えるbuffを90秒間得る。

赤バフ / 最大Healthの20%を回復する

青バフ / 最大Manaの20%を回復する

・Inhibitor and Nexus turretsの強化

ダメージが大幅に強化され、10%slowと15%damage reductionの効果が追加されている。想像以上にdamageが高く、死ぬChampionが続出しているので注意が必要。

・Dragon

Goldをほぼ得ることができなくなったが、dragonを倒すことによって得られるstack数に応じてbuffを得ることができるようになっている。
stack数ごとについて得られるbuffは以下のようになっている。
stack≧1, +8% AD and AP
stack≧2, +15% damage to minions and monsters
stack≧3, +5% movement speed
stack≧4, +15% damage to turrets and buildings
stack≧5, 4 stackまでのbuffの効果が倍になり、敵を攻撃すると5秒間で150のtrue damageを与える。180s秒間効果は持続する。

・Baron

baron buffの効果で近くにいるminionが強化される効果が追加され、siegeしやすいようになった。

・Status上昇値の計算式の変更

AS以外のBaseのステータスが以前のper-levelの上昇値の168%分上昇し、Lv1でのステータスがBaseのステータスとなった(実質per-levelの分の68%分ステータスが上昇)。ranged championとKayle, Jayceはさらに2ADだけ増加した。
per-levelでの上昇値が等差であったのが、低レベルでは小さくなく、高レベルでは大きくなるように変更され、per-levelの上昇値のことをgrowthと呼ばれるように変更された。Lv毎の上昇値はGrowth statistic+(Lv*3.5-7)+72)%となる。
たいした変更点ではないが、Lv1では顕著な差だといってもいい。

備考

新Itemの追加や既存のItemの変更などほかにも、いろいろと修正されているので詳しくは公式サイトのPatch情報(Patch 4.20 Notes)参照。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



copyright (C) 2014 LoL博物館