LoL博物館 -LoL攻略サイト-

ワードの置き方-トップ、Warding - Top

Latest Update 2014/03/04

目次


1.トップのワード青側
2.トップのワード紫側



トップ(青側)のワードの置き方


ワードの位置の特徴
a
(river bush)の特徴(プルしている場合)
・ルート1, 2は比較的安全、ワードをおくときだけ注意が必要。
・ルート3はプルから、レーンの中央までプッシュしたときに危険。
・ルート4はHealthが低い場合危険。
a(river bush)でジャングラーがリコールしたのか、キャンプしているのかがわかる。

b(tribush)の特徴(プルしていない場合)
・1のガンク、ベイトに対処しやすい
・2のガンク、ベイトを防ぐことができない
・ワードをおくときにa(river bush)で待ち伏せされていると危険
・マップコントロールの点で優れている(ジャングラーが見える位置が早くb(tribush)からガンクせずにジャングルに帰る場合にもジャングラーの位置がわかる)

c(river)の特徴(プルしていない、かつキルを積極的には狙わない場合)
1, 2のガンクともに比較的安全
1のベイト(b(tribush)地点で待機)を防ぐことができない
ワードの位置
プル
プルでない
a(river bush)
b(tribush) か c(river)
river経由のガンクよりもtribush経由のガンクの頻度が高いこととマップコントロールを考慮しb にワードを置く人が多い。
プッシュしていて、味方のミッドが負けていて、トップ側にワードをおかない場合は be に置く方法も。


トップ(紫側)のワードの置き方


ワードの位置の特徴
b
(tribush)の特徴(タワーハグの場合)
・タワーダイブでガンクされる以外は安全。
・タワーダイブでのガンクに比較的対処しやすい。

c(river), e(river)の特徴(タワーハグしていない場合)
c から e のどの位置にワードを置くかはチャンピオンの逃げ性能次第。
・ルート1のガンクに対処しにくい。
・ルート2のガンクに対処しやすい。
d の位置だとルート1で tribush から river に入るガンクにやや対応しやすい。
・プッシュしていてかなり優勢の場合、a にVision Wardをおくのが強烈。
敵側のトップのマップコントロールが完全に失われる。

ワードの位置
タワーハグ
それ以外
b(tribush)
c(river) か e(river)
味方のミッドが負けていてトップ側にワードをおかない場合は be に置く方法も。


備考


基本的なワードの置き方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 


copyright (C) 2014 LoL博物館